不動産物件を購入するなら予め予算を考えておこう

つみき
  1. ホーム
  2. ローンを返せないときには

ローンを返せないときには

模型とお金を持つ人

自宅の強制売却を回避する

不動産の価格というものは非常に高価なことから、多くの人は不動産の購入に際し銀行の住宅ローンを利用してお金を借りることになります。住宅ローンは通常のローンと比べて金利が低く抑えられており、また返済期間も数十年単位となっているので計画的に住宅ローンを活用すれば自分の年収金額を大幅に超えるような不動産という大きな買い物をすることできるようになります。そのため、不動産の購入時には住宅ローンを組むのが一般的なのですが、なかにはローンの返済に行き詰ってしまいせっかく手に入れた家を競売にかけられてしまう人も少なくはありません。もしも自宅を競売にかけられてしまった場合、その不動産は市場価格よりもはるかに安い価格で売却されてしまいます。不動産を売却したお金はそのまま住宅ローンの返済に充当されることになりますが、ローンの残債を大幅に減らすことは期待できません。なぜならば、ローンの返済に充当される金額が少ないからです。そのため、住宅ローンの返済に行き詰まったときには競売に頼らない問題の解決方法を探らなくてはならないのですが、任意売却をするという方法があります。この任意売却では債権者である金融機関と相談や交渉を行い、担保となっている不動産を通常のかたちで売却することになります。通常のかたちで不動産を売却できるということは、市況価格に即した価格で売却できるということです。そのため、金融機関側も任意売却の相談に乗ってくれるケースが多く、相談の結果次第では競売を回避できる可能性が高まります。ただし、実際に任意売却をするには金融機関側との交渉や手続きなどあまり知識のない人にとっては面倒な作業が待っています。そのため、任意売却を決断したときには任意売却を専門的に行っている業者に相談をするようにしましょう。